中国で聞いていた噂は真実だった! 日本人は「誰もが交通ルールを自発的に守っていた」=中国

中国で聞いていた噂は真実だった! 日本人は「誰もが交通ルールを自発的に守っていた」=中国

中国メディアは、「日本で信号無視をする人が少ないのは厳しい罰則があるからだ」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では自動車保有率が上昇するにつれ、慢性的な渋滞や交通事故の増加などが深刻化しており、以前にましてドライバーの運転マナーが問われるようになっている。

 日本では中国で見られるような「交通ルールを無視して我が物顔で赤信号を無視する人」はまず存在せず、「日本人の多くが自発的に交通ルールを守っていること」は中国でも広く知られているが、中国メディアの汽車頭条は3日、「日本で信号無視をする人が少ないのは厳しい罰則があるからだ」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国人の間で語られる日本人の評価といえば、「総じて民度が高い」というものだと紹介。続けて、中国人が日本人の民度の高さを称賛する際によく用いるのは、「日本人は信号無視をしない」という例であることを伝え「日本人は深夜に車を運転していて、周囲に全く自動車の姿が無く、防犯カメラすら設置されていない交差点であっても、律儀に信号を守る」という話がまことしやかに伝えられていると紹介した。

 こうした話を耳にしたことがあったという中国人筆者は、実際に日本を訪れた際に車道の様子を注意して見てみたところ、「確かに日本では信号無視をする人はおらず、日本人ドライバーは停止線を守って停車し、むやみにクラクションを鳴らす車も存在しなかった」と紹介し、中国人と比較して日本人の交通マナーが良いことは確かだったと伝えた。

 しかし、日本人の交通マナーが良いことは必ずしも日本人の民度の高さの証拠とはならないと主張し、「日本には厳しい道路交通法が存在し、違反した場合は法的に厳しく罰せられる」ことが大きく影響しているのではないかと主張。日本では事故の際に当事者双方に責任が問われる場合があり、その責任は道路交通法に基づいて判断されるため、「日本人は高額な賠償金や罰金を科されないよう、道路交通法を守ろうとする意識が強いのではないか」と分析した。

 一方で記事は、中国が交通事故や渋滞を減らすためには、日本人と同じように各人が「交通ルールの厳守」という基本に立ち返り、一歩ずつ改善を図ることですべての中国人が交通安全意識を高めていくほかにないと訴えかけた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)