中国が日本や韓国のような高額紙幣を発行しないのは、犯罪が増えるだけだから=中国メディア 

中国が日本や韓国のような高額紙幣を発行しないのは、犯罪が増えるだけだから=中国メディア 

中国のポータルサイトに「どうして中国は、日本や韓国に学んで1万元や5万元の紙幣を発行しないのか」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に8日、「どうして中国は、日本や韓国に学んで1万元や5万元の紙幣を発行しないのか」とする記事が掲載された。

 記事は、「実は中国も1万元、5万元の紙幣を発行したことがある」とし、建国前の1948年12月1日に第1世代人民元紙幣を発行した際には最高5万元の額面の紙幣が印刷されたと紹介する一方、この世代の人民元は程なく使われなくなったと伝えた。そして、以降は現在に至るまで人民元の最高額面が100元止まりであり、香港の紙幣も1000ドルが最高だとしている。

 その上で、中国にて万元単位の高額紙幣が発行されない理由について、市民の日常生活においてこのような高額紙幣を出す機会があまりなく、仮に使用した場合にお釣りを出すのが非常に面倒になるという点を挙げた。また、多くの人の月収が数千元であり、「万札」を使うに及ばない状況であることにも言及した。

 さらに、あまりに高額な紙幣が流通すると偽札の製造といった経済犯罪リスクが大きく高まることも大きな理由の一つであると指摘。偽造する側のコストは変わらない一方で、被害額や偽札対策技術コストが高まることになるとした。

 記事はまた、今や中国社会における脱現金化が進んでおり、実際に紙幣を用いる頻度がますます低くなっていることにも触れ「100元より大きい紙幣を発行する理由は全くないのだ」と結論付けている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)