日本の教育を称賛する中国人が増えている! その理由は「極めてシンプル」=中国報道

日本の教育を称賛する中国人が増えている! その理由は「極めてシンプル」=中国報道

中国メディアは、「日本の教育を称賛する中国人が増えている」と伝え、その理由は「とてもシンプルなものだ」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 自分の子どもに対する教育を重視する中国人の親は非常に多いが、中国メディアの百家号は10日、「日本の教育を称賛する中国人が増えている」と伝え、その理由は「とてもシンプルなものだ」と論じる記事を掲載した。
 
 金銭の追求を第一とする中国社会の考え方が子どもの人生観や価値観に悪い影響を与えることを心配し、子どもを国外に留学させることを真剣に考える中国人は少なくない。記事は、中国の親たちは子どもに対する教育をとても重視しており、子どもが学校に入学した後でもさらに良い教育を常に探し求めていると紹介した。

 また近年、子どもの留学先として欧米ではなく、アジアを選ぶ親たちが増えており、日本は特に人気のある留学先となっていると紹介、日本の発達した経済もその人気の理由の1つだが、しかし何よりも日本の「教育の質」こそ多くの中国人を引き寄せていると論じた。

 では日本の教育にはどのような魅力が存在するのだろうか。この問いに対して、記事は、教育とは「教」と「育」の2つの要素に分けられると説明し、日本の教育理念は単純に教え込む「教」よりも、子どもに自ら考えさせ、体験させることで伸ばす「育」を重視していると強調。子どもに知識を詰め込むことだけが教育とみなされる中国とは異なる教育内容が日本の魅力なのだと論じた。

 また自分のことは自分でするという責任感を身に着けさせること、中国とは異なり日本の子どもたちは家族が送り迎えするのでなく自分で登校していること、階段の上り下りの時に右側・左側のどちらを通行するか、給食の時に調理員に対してきちんとお辞儀をして感謝を表すなどを含む様々な「人としてのマナー」も教えていると論じ、日本の教育には中国が学ぶ点がとても多く、「日本の教育を称賛する中国人が増えている」のも当たり前のことだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)