これが日本人と中国人の「仕事の違い」だ! 小さな部品がもたらす品質の巨大な差=中国

これが日本人と中国人の「仕事の違い」だ! 小さな部品がもたらす品質の巨大な差=中国

中国メディアは、中国でも「日系車はエンジンがすばらしい」と評価されていることを紹介し、その理由を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 世界市場で圧倒的なシェアを獲得している日本企業は少なくないが、自動車も日本企業が高い競争力を持つ産業の1つだ。中国メディアの百家号はこのほど、中国でも「日系車はエンジンがすばらしい」と評価されていることを紹介し、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日系車の人気の秘訣を紹介。日系車が中国で特に評価されているのは「耐久性と信頼性」だとしている。日系車を購入し、実際に乗っているオーナーからの評価が極めて高く、「ぜんぜん故障しない」と口コミで評判が広がり、信用が高まっていることを伝えた。

 では、日系車が耐久性でユーザーを満足させられるのはなぜだろうか。記事は、「細かくてまじめな日本人の性格」が仕事ぶりに反映され、質が高くなっているのではないかと分析している。小さなナットやボルト1つまで「極めている」とし、信頼性の高い材料を用いて、使用する箇所や部品によって採用するボルトを変えるなど、徹底して細かいとしている。エンジンの製造には熱による膨張収縮の原理を利用して、密閉性が高くオイル漏れなどのトラブルを防ぐことができているそうだ。

 エンジンに限ったことではないが、高品質の製品を作るには細かなところにまで気を抜かないプロ意識が欠かせないはずだ。記事は、中国人にとってはたった1つの小さなナットやボルトでも、日本人にとっては極めて重要な部品だと意識の違いを指摘し、「小さな部品にすぎないナットやボルトが、日系車と中国車の品質面の巨大な差をもたらしている」のだと強調。

 これだけ細かければ良いエンジンができるはずだと感心し、なかなか日本人のような仕事ができないためか、「中国人の敵は自分自身」と結論付けている。中国車もかなりの発展を遂げたが、エンジンでは日本に及ばないのは、極めきれない仕事ぶりにあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)