何十年も研究しているのに! 日本のエンジンは「まったく真似できない」=中国報道

何十年も研究しているのに! 日本のエンジンは「まったく真似できない」=中国報道

中国の自動車総合情報サイトは、「なぜ中国メーカーは何十年も研究しているのに日本のエンジンを真似できないのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の自動車企業は中国市場でも好調だという。7月の新車販売台数でも日系車の好調ぶりが目立ち、市場をリードしていると報じられたほどだ。中国の自動車総合情報サイトである易車網は21日、そんな日系車のエンジンについて、「なぜ中国メーカーは何十年も研究しているのに日本のエンジンを真似できないのか」と題する記事を掲載した。

 日系車はその耐久性と燃費の良さゆえに中国で高く評価されている。中古車市場が拡大している中国では、故障が少なく、高く下取りに出せる日系車が改めて評価されているとも言われる。記事は、そんな日系車のエンジンは中国メーカーにとっては「何が何でも」学びたい技術ではあるが、「何十年もかけても、日本のエンジンを分解しても分からない」と紹介している。

 なぜ手元に日本のエンジンがあるのに、同じものが作れないのだろうか。記事は、「日本の優れたエンジンは各部品で特殊な技術が使用されており、特定の技術基準と条件がないとこうした部品を作り出すことができない」と紹介。日本には決して緩まないボルトを作る企業があるが、そのボルトも原理を公表しているのに真似することができないのと同じだと説明した。

 そのため記事は、「これこそ日本企業の底力だ」と日本企業の技術の高さを称賛。日本企業は他者が真似できないことを知っているので、自者のエンジンが分解されて研究し尽くされても怖くないのだと敬服している。

 模倣の技術においては右に出るもののいない中国がお手上げ状態だというのは、日本製のエンジンがいかに優れているかを物語っているといえるだろう。日本企業はこれからもその高い技術で製造業をリードし続けていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)