【画像】日本の住宅は中古でも「中国の新築より耐久性ありそう」と言われる理由

日本の住宅は中古でも「中国の新築より耐久性ありそう」と言われる理由

日本の住宅の寿命は長い。木造住宅の平均寿命は27−30年、マンションは37年などと言われているが、これは建て替えなどで取り壊した建物の平均築年数なので、実際にはメンテナンスをしていればかなり長く住むことができると言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

この写真の記事を読む