日本の料理はきれいでおいしいけど疑問が 「日本人はあの料理で本当に・・・?」=中国メディア

日本の料理はきれいでおいしいけど疑問が 「日本人はあの料理で本当に・・・?」=中国メディア

テレビやドラマで取り上げられる日本食に憧れをいだく中国人は多い。また、コンパクトできれいに盛り付けられた「キャラ弁」なども人気だ。(イメージ写真提供:123RF)

 テレビやドラマで取り上げられる日本食に憧れをいだく中国人は多い。また、コンパクトできれいに盛り付けられた「キャラ弁」なども人気だ。とはいえこうした料理はどれも中国の料理とはあまりにも見た目が違うため、「日本人は本当に毎日あの食事を食べているの?」と疑問を持つ人もいるほどだ。ポータルサイト百度は中国人が日本料理に抱くある疑問について答えている。

 記事は特に、中国人が日本食について感じる最大の疑問、「日本人はあの料理の量で本当に満足しているのか」という点について論じている。例えば、テーブルの小鉢でたくさんの種類の料理が並べられ、懐石料理などのように繊細な料理は見た目にも美しい。例えば、中国人にとって日本人が会社に持っていく「弁当」はうらやましいようだ。しかし、とにかく量が多いことが重視される中華料理とはかなり方向性が違うように感じるようだ。

 しかし記事は、「あの量ではほとんどの中国人が満足できないだろう。日本の主婦は量よりもまずは見た目を重視する」と論じている。特に、日本の多くの家庭では主婦が毎日料理にかなりの時間をかけている。この点、中国では共働きの家庭も多く、料理にさほど時間がかけられないため、見た目もきれいなたくさんのおかずを作らなければならない日本料理はレベルが高すぎると感じるようだ。

 記事は結論として「おいしくて見て目がきれいでも、おなかがいっぱいにならない日本料理でほんとうにいいの?」と述べ、中華料理と日本料理を比較してうらやましがらないよう諭していた。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)