清潔を保つという点で、敬服すべき日本人の4つの特徴

清潔を保つという点で、敬服すべき日本人の4つの特徴

中国のポータルサイトに、日本人の清潔ぶりで敬服すべき4つの点を紹介する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に12月30日、日本人の清潔ぶりで敬服すべき4つの点を紹介する記事が掲載された。

 記事は、日本人の清潔好きは世界的にも広く知られており、都市の大通りから農村の小道に至るまで本当に清潔で整っていると紹介。「日本人は全員潔癖症なのか、と疑いたくなるが、それは決して日本人を貶しているわけではない」とした上で、日本人が持つ「本当に敬服する」4つの特徴を挙げている。

 まずは、日本人が自分の衛生、清潔に対して非常に重視している点を挙げ、老若男女問わず、特別な状況や事情がない限り基本的に毎日入浴し、着るものも毎日必ず取り換えることで、清潔を保っていると伝えた。

 次に、ホテルや賃貸住宅から退出する際に、部屋をしっかりと掃除して原状回復に努めることとし、このような習慣を持つ背景には家主や次の利用客に対するリスペクトの気持ちがあるのだと説明。このような配慮を大切にするのは日本人ぐらいだとしている。

 さらに、頻繁に取り上げられる事柄として、日本のトイレにも言及。家のトイレだけでなく、屋外にある公衆トイレの清掃も行き届いており、とてもきれいだとした。そして最後に、日本人の清潔好きは小さい頃からの積み重ねがあってこそ、すなわち幼い時期から清潔や衛生に関する相応の教育を受け、学校での清掃活動などを通じて身の回りを清潔に保つ習慣を身に着ける点を挙げた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)