どうして韓国は、日本から制限された半導体材料をいまだに代替できないのか

どうして韓国は、日本から制限された半導体材料をいまだに代替できないのか

中国のポータルサイトに「どうして韓国は日本から半導体材料の供給制限を受けて以降、なおも材料の代替入手先を見つけられないのか」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に1日、「どうして韓国は日本から半導体材料の供給制限を受けて以降、なおも材料の代替入手先を見つけられないのか」とする記事が掲載された。

 記事は、日本政府が2019年7月に重要な半導体材料の対韓輸出規制を打ち出し、韓国の半導体産業を大きく震撼させたと紹介。一方で、支柱産業の首根っこを掴まれた韓国は、重要な半導体産業の速やかな国産化に取り組むことを宣言したものの、1年以上経過した今になっても日本に対する依存を低減することができないでいると伝えた。

 そして、韓国政府が規制対象となったフッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミドの半導体材料3品目を含む、日本への依存度が高い6つの分野の100品目について5年間で脱日本化を図り、国産化または入手先の多元化を実現する取り組みを始め、政府と業界の共同推進によって韓国企業も一定の成果を出したものの、フッ化水素では韓国企業製品の純度が世界トップクラスの日本企業製品に遠く及ばず、フォトレジストでは日本企業が欧州に設立した合弁企業から供給を受けるという「規制逃れ」によって材料をを確保し、フッ化ポリイミドについては日本からの輸入が減らないどころか逆に増えている状況だと指摘している。

 記事はその上で、「日本が持ついくつかの重要半導体材料の技術的優位は、短期間のうちに追いつくことは不可能であることが見て取れる」とし、日本が他者の追随を許さない高い技術を獲得するに至った理由について「日本社会全体が崇拝している職人気質と分けて論じることはできない。半導体材料のような製品の技術は、まさに長い時間をかけて少しずつ改良していくことでこそ到達できるのだ」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)