日本のラーメンは日々進化している! だから虜になる!=中国

日本のラーメンは日々進化している! だから虜になる!=中国

今や日本を代表する国民食となった「ラーメン」。おいしいものに目がない中国人の舌も満足させているらしく、日本旅行の楽しみの1つとなっているほか、中国で全国展開するとんこつラーメン店もあるほどだ。(イメージ写真提供:123RF)

 今や日本を代表する国民食となった「ラーメン」。おいしいものに目がない中国人の舌も満足させているらしく、日本旅行の楽しみの1つとなっているほか、中国で全国展開するとんこつラーメン店もあるほどだ。中国メディアの百家号は1日、中国人から見た「日本のラーメンの魅力」を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人がいかに日本のラーメンを気に入っているかを紹介。中国人観光客は必ずと言って良いほど「日本に来るとラーメンに舌鼓を打つ」としたほか、日本のインスタントラーメンをお土産に買う中国人も多いことを伝えた。では、なぜ中国人はそんなに日本のラーメンが好きなのだろう。

 記事は「中国人の口に合うから」と分析し、「ラーメンの起源は中国」という説があるので、それも不思議ではないとした。起源には諸説あるが、日本のラーメンが中国から大きな影響を受けているのは確かだろう。

 記事はさらに、日本のラーメンが独自の「発展」を続けてきたことも、中国人には魅力なのではないかと分析した。材料や食文化に合わせて、日本のラーメンは地域ごとに特色が生まれ「どれが真の日式ラーメンか分からない」ほどだと紹介。店によっても味が違い、日々進化していると、その奥深さを伝えた。

 これに加えて、「海外進出」も中国人を日本のラーメンのとりこにしていると分析。日本のラーメンは海外進出に熱心で、中国の若者は「日式ラーメン」と呼ばれる日本のラーメンになじみがある。すでに日本のラーメンになじみがある中国人は、日本に行くと必ず一度は本場のラーメンを食べてみるものだと伝えている。

 日本のラーメンは、日本人が思う以上に中国人に愛されているのかもしれない。今はコロナの直撃を受けて、飲食業界は厳しくなっているが、海外からも愛されている日本のラーメンがコロナに負けず、ますます発展していくことを期待したい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)