日本人が食べたがらない中国料理の「食材」とは=中国メディア

日本人が食べたがらない中国料理の食材を紹介 「ラクダ肉」「腐乳に漬けた魚卵」など

記事まとめ

  • 中国メディアの快資訊が「日本人が食べたがらない5大食材」を紹介する記事を掲載
  • 「豚の大腸」は、グロテスクな見た目のせいで外国人は大抵嫌がると説明した
  • 他にも「豚タンの燻製」「豚足の燻製」「ラクダ肉」「腐乳に漬けた魚卵」を挙げた

日本人が食べたがらない中国料理の「食材」とは=中国メディア

日本人が食べたがらない中国料理の「食材」とは=中国メディア

世界の美食の1つに数えられている中国料理だが、国が広いためか地域によって食文化も多種多様で、使われる食材にも幅がある。このなかには日本人には好まれないものあるそうだ。中国メディアの快資訊は3日、「日本人が食べたがらない5大食材」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 世界の美食の1つに数えられている中国料理だが、国が広いためか地域によって食文化も多種多様で、使われる食材にも幅がある。このなかには日本人には好まれないものあるそうだ。中国メディアの快資訊は3日、「日本人が食べたがらない5大食材」を紹介する記事を掲載した。

 1つ目は「豚の大腸」だ。四川省江油市特産の大腸は、辛くて香りも良く、ご飯がすすみ、酒との相性も抜群だと絶賛。「超くせになる」と紹介した。ただ、グロテスクな見た目のせいで外国人は大抵嫌がると伝えている。

 2つ目は「豚タンの燻製」。豚タンは歯ごたえがあっておいしいのに、もったいないとしているが、豚タンは燻製にするのにぴったりな部位で、日本にも好きな人は多い。3つ目は「豚足の燻製」。コラーゲンを多く含み、脂っこくないと紹介している。これも、沖縄などではメジャーな食材だ。

 4つ目は「ラクダ肉」。酒に合い、栄養価が高く脂肪が少ないと紹介した。日本ではあまり目にすることがなく、中国でも高級食材の1つになっている。5つ目は「腐乳に漬けた魚卵」。腐乳の味が日本人は苦手だと言いたいようだ。発酵食品独特のにおいが強く、好みは分かれるところだが、中国ではこれを「明太子」とも呼ぶようだ。

 こうしてみると、日本は中国と食文化が近いというのが感じられるが、やはり中国料理の方が日本料理より幅広いものを食材としていることがわかるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)