国民性? なぜ日本人は折りたたみケータイに愛着を持ってきたのか

国民性? なぜ日本人は折りたたみケータイに愛着を持ってきたのか

中国のポータルサイトに、日本人がこれまで折り畳み式の携帯電話を好んで用いてきた理由について考察する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に5日、日本人がこれまで折り畳み式の携帯電話を好んで用いてきた理由について考察する記事が掲載された。

 記事はまず、折り畳み式携帯電話が日本で大人気となった原因として「日本人の民族的な特性と、実際の使い勝手」という2点を挙げた。民族的な特性については、プライバシーの保護に対して敏感であり、自身の携帯電話画面を他人の視野に晒すことを嫌う傾向にあったとし、閉じてしまえば中の画面を見られることがない折り畳み式のデザインが、日本人のニーズにマッチしていたのだと伝えた。

 次に、実際の使い勝手という点では、多くの日本人がタッチ式スクリーンによる文字入力よりも、実体のあるボタンによる入力に利便性を感じており、画面を見ずに入力できるなどの特殊能力を身に着け、タッチパネル式よりもスピーディに入力できると感じている人も少なくないのだとしている。

 また、折り畳み式携帯電話の機能性が一定時期まで急速に高まっていたことにも言及。日本では2003年にはWi−Fi接続や二次元コード読み取りができる折り畳み式携帯電話が出現し、4G通信やBluetooth通信にも対応、さらには基本システムとしてスマートフォンと同じAndroidシリーズを搭載する機種も増え、SNSも利用可能と、ある時期まではスマートフォンに引けを取らない機能性を身に着けていたことを紹介した。

 このほか、日本で進む深刻な高齢化も折り畳み式携帯電話を「長生き」させる大きな要因の一つになったと指摘。キーが大きくて操作しやすく、落としても壊れにくいといった特徴が高齢者の携帯電話使用にマッチし、高齢者の多くがスマートフォンへの切り替えに二の足を踏んだとした上で「総じて、タッチスクリーン式のスマートフォンは、高齢者にとってはいささか『機能過剰』なのである」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)