なぜだ! 日韓サッカーは強化に成功したのに「中国はなぜ結果が出ないのか」

なぜだ! 日韓サッカーは強化に成功したのに「中国はなぜ結果が出ないのか」

中国で人気の高いスポーツの1つにサッカーがある。しかし、その人気の高さとは裏腹に、サッカー中国代表の成績は近年芳しくなく、多くのサッカーファンを悲しませている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国で人気の高いスポーツの1つにサッカーがある。しかし、その人気の高さとは裏腹に、サッカー中国代表の成績は近年芳しくなく、多くのサッカーファンを悲しませている。海外から有名選手を呼び込むなどのテコ入れをしているのに、なぜ中国はサッカーのレベルがなかなか上がらないのだろうか。中国メディアの百家号は14日、この理由について分析する記事を掲載した。

 記事によると、中国はこの数十年にわたってサッカー改革を進めており、海外のサッカー強国から学ぼうと務めてきたという。しかし、「結果は何も出ていない」と認め、3つの原因が考えられると分析した。それは「中国サッカーの進むべき方向性が定まらないこと」、「根気よく続けないこと」、「中国サッカーに特徴がないこと」の3つだ。

 この点、日本と韓国は中国と違って大きな成功を収めたと指摘。日本はずっと南米サッカーに学び続けており、パス回しを多用した戦術は小柄な日本にぴったりだったと分析した。韓国はスペインのサッカースタイルを模倣しているが、そのアグレッシブさや身体能力に恵まれた韓国にぴったりだったと説明している。

 それで記事は、学ぶ対象が定まらない中国は日韓のように、「自らのスタイルに合ったサッカーを学んで、ブレることなく学び続けることが必要だ」と主張。そのうえで、中国サッカーの特徴と組み合わせ、柔軟に活用していくことが重要であり、「中国に合った戦術を身に着けた時、中国サッカーの成功はそう遠くないだろう」と結んだ。

 記事からは、何とか中国サッカーが強くなってほしいとの強い願いが伝わってくるが、問題はほかにも多くあると言われており、そう簡単にうまくはいかないだろう。中国サッカーのレベルアップにはまだまだ時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×