日本の道路に衝撃を受ける中国人、「まさかここまでとは・・・」=中国

日本の道路に衝撃を受ける中国人、「まさかここまでとは・・・」=中国

日本はごみ一つ落ちていないほどきれいだと言われているが、本当にそこまできれいなのだろうか。中国の動画サイトでは、日本で暮らす中国人が「日本の普通の道路」を動画で紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 日本はごみ一つ落ちていないほどきれいだと言われているが、本当にそこまできれいなのだろうか。中国の動画サイト・西瓜視頻では、日本で暮らす中国人が「日本の普通の道路」を動画で紹介している。

 この配信者は、片側一車線の一般的な道路を撮影し、日本には「ごみ箱が全くない」と紹介している。中国なら数メートル間隔でごみ箱があるはずなので、ごみ箱が全くないのにごみが落ちていないというのは、考えられないことなのだろう。

 何の変哲もない動画だが、多くのコメントが付き中国人の関心の高さがうかがえる。ほとんどの人が、ごみ箱が1つもないこととごみが全く落ちていないことに衝撃を受けているようだった。「これほどきれいだとは思わなかった」、「ごみがかけらも見当たらない」というコメントがあった。確かに中国では清掃員がいてもごみが普通に落ちているほか、黄砂をはじめとするチリやホコリもたくさんあるため、日本と中国の道路の違いに驚くのも無理はない。

 しかし、目で見ても信じられない人はいるようで、「清掃員がいるのだろう」、「竜巻が去った後ではないか」という人、さらには郵便ポストをごみ箱だと勘違いした人もいたようだ。「ごみ箱がないのは辛いな」というコメントもあり、やはり街をきれいにするには、ごみ箱と清掃員に頼るしかないという固定概念が根強いことを感じさせる。

 中国も政府主導のもと、衛生改革に取り組んできた。しかしごみ箱と清掃員の数に頼りすぎており、さらなるステップアップを目指すなら、まずは国民の意識改革から始める必要があると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×