「無情」に見える日本の子育てこそ、見習うに値する理由=中国

「無情」に見える日本の子育てこそ、見習うに値する理由=中国

中国では「子どもは祖国の花」とよく言われる。国の希望であると同時に、花のように細やかな世話や保護が必要という意味が含まれるが、この言葉が示すように中国では子育てが「過保護」になる傾向が強い。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では「子どもは祖国の花」とよく言われる。国の希望であると同時に、花のように細やかな世話や保護が必要という意味が含まれるが、この言葉が示すように中国では子育てが「過保護」になる傾向が強い。過保護が当たり前の中国の親たちからすると、日本の親や先生は「冷酷だ」と感じてしまうようだ。中国メディアの網易はこのほど、日本の幼稚園の教育方針について紹介する記事を掲載した。日本人の子どもに対する「冷酷さ」は見習うに値するという。

 記事はまず、日本の幼稚園で共通して見られる教育方針は「自分のことは自分でさせる」ことだと分析した。親も先生もむやみに手を貸すことはないので、中国の子どもと違って日本の子どもは独立性が強いが、中国の多くの親にとってこの方法は「無情」と感じるため、とても受け入れられないそうだ。

 続けて、中国人が「無情」と感じる例として、「子どもにかばんを持たせること」を挙げた。中国では子どものかばんを保護者が持ってあげるのがごく普通の光景だが、日本の幼稚園児は大小のかばんを自分で持つと違いを指摘した。しかも日本の子どもたちはかばんの中身も自分で整理すると伝えている。

 別の例は「幼稚園の先生が冷酷なこと」で、子どもの着替えや食事の手助けをせず、子どもに自分でやらせると紹介した。これはなんでも先生がやってくれる中国からするとあり得ないことなので「冷酷」と感じられるようだ。

 しかし記事は、一見すると冷酷に見える日本の教育方法だが、子どもの生活力を高め、自立心や自信を育むことができ、子どもに感謝の気持ちが生まれるなど、子どもの健全な成長に資するので、中国の親や教師が学ぶに値する方法だと指摘した。

 子どもの自立心は重要であり、自立していない子どもはほかの面でいくら秀でていてもあまり意味はないとも言えるだろう。この点で中国の親や先生は過干渉の傾向がかなり強いので、日本の方法は大いに参考になるに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×