日本の家に備え付けられている、ある「照明」の便利さに感服した!

日本の家に備え付けられている、ある「照明」の便利さに感服した!

中国のポータルサイトに、日本の住居によく見られるもので非常に便利で「感服せざるを得ない」と感じたアイテムを紹介する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・網易に23日、日本の住居によく見られるもので非常に便利で「感服せざるを得ない」と感じたアイテムを紹介する記事が掲載された。

 まず最初に紹介するのは、部屋や廊下の足元に設置されているセンサー式のライトだ。記事は、特に高齢者や小さい子どもは夜中の睡眠中に突然トイレに行きたくなることがしばしばあり、センサーによって自動点灯して足元を照らしてくれるライトを取り付けておくことで、部屋の明かりを付けて他人の睡眠を妨害することもなく、なおかつトイレまで安全に行くことができるため、とても便利だと伝えている。

 次に取り上げたのは、壁に貼り付けて使う小さなフックである。中国ではホウキやモップといった掃除用具を部屋や廊下の隅っこに立てかけて置くことが多く、景観があまりよろしくないとした上で、日本では壁に穴を開けることなく取り付けられるシールタイプのフックが広く用いられており、壁に貼り付けたフックに掃除用具を掛けておくことで見栄えも良くなり、必要な時にも手に取りやすくなると説明した。

 さらに、毎日の生活で必ずと言っていいほど使用する洗面台の設備についても言及している。記事は、現在の日本の住居では洗面台が非常に大きく設計されており、赤ちゃんを楽に沐浴させられるほか、大きな物を洗面台で洗うことができるとした。また、洗面台の蛇口はホースを引き延ばせるシャワータイプになっていることが多く、洗面台で頭を洗う時に非常に便利であるほか、洗面台を掃除する時にも死角なく全体をきれいにすることができるのだと紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×