同じバスでもこんなに違う 日本の公共バスに中国ネット「中国と違いすぎ」

同じバスでもこんなに違う 日本の公共バスに中国ネット「中国と違いすぎ」

中国の都市部における安くて便利な交通手段の1つに路線バスがある。最近では電気バスが増えていてモバイル決済にも対応するなど、日本以上に進んでいる面もあるが、日本のバスと比べて、他にどのような違いがあるのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の都市部における安くて便利な交通手段の1つに路線バスがある。最近では電気バスが増えていてモバイル決済にも対応するなど、日本以上に進んでいる面もあるが、日本のバスと比べて、他にどのような違いがあるのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日中のバスの違いを紹介する動画を配信した。

 動画で紹介した違いの1つが「時刻表」だ。日本の都市部で運行されているバスは電車同様の「分刻み」の時刻表があり、しかもかなり正確に運行されていると指摘した。中国のバス停には始発と最終の時間、それに何分間隔で運行するかしか書かれていないことが多い。あるいは、本数の少ない地方の小都市では、始発停留所を出発する時刻だけ書かれているケースもあり、この場合は自分でバスが停留所に到着する時刻を予想する必要がある。

 また「携帯電話のマナー」も日中のバスで違う点だと紹介した。日本では電車でもバスでも基本的に車内での電話を控えるのがマナーだ。しかし、中国にはこのようなマナーは存在せず、大声で電話をしている様子をよく目にする。さらに日本のバスには「降車ボタン」が車内のあちこちにあって便利だと伝えた。中国の場合、ドア付近にあるだけで、故障していることも多く、運転手に下車することを大声で伝えないと降り損ねてしまうことすらある。

 この動画のコメント欄には、ほかにも違いがあると指摘するコメントが寄せられた。例えば「運転手の服装が違う。日本はワイシャツにネクタイ、帽子、白い手袋をしていて、その清潔感は中国とは次元が違う」というユーザーがいた。中国のバスの運転手も制服を着ている人が多いが、日本のバスの運転手のような品が感じられないということだろう。

 ほかにも「日中の違いは少しどころの話ではない。中国のバスは改善が必要」などの意見もあり、日本のバスから学べる点があると感じたユーザーが多かったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×