日本人のこだわりがラーメンを「芸術品」へと押し上げた=中国

日本人のこだわりがラーメンを「芸術品」へと押し上げた=中国

中国には多種多様な麺料理があり、それぞれに違った特色がある。日本のラーメンもルーツは中国にあるが、日本に伝わってから独自の進化を遂げており、ラーメンに対して強いこだわりを持つ日本人は少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

 中国には多種多様な麺料理があり、それぞれに違った特色がある。日本のラーメンもルーツは中国にあるが、日本に伝わってから独自の進化を遂げており、ラーメンに対して強いこだわりを持つ日本人は少なくない。中国メディアの網易はこのほど、日本人はラーメンが大好きだと紹介する記事を掲載し、そのこだわりぶりに驚きを示した。

 記事はまず、日本のラーメンは「スープが魂」だと紹介した。店ごとに秘伝の作り方があるほどで、スープに合わせて麺の種類も太麺と細麺、硬めと軟らかめなどがあると伝えた。日本のラーメン店では麺の種類や茹で加減などを選択できるところが多いが、中国の麺料理店では普通こういうサービスはない。

 また、ラーメンのへのこだわりはトッピングの載せ方にも表れていると指摘した。どこにどんなトッピングを置くかが考え抜かれており、「まるで芸術品のようだ」と称賛している。見た目の美しさという点では、中国の麺料理は繊細というより豪快だと言えるだろう。

 さらに、日本のラーメンには不思議な力があり、「どんな悩みがあっても、一杯のラーメンが吹き飛ばしてくれるほどだ」と伝えた。やや大袈裟な表現ではあるが、ラーメン職人が丹精込めて作ったおいしいラーメンを食べると、自然と笑顔になると言えるのではないだろうか。

 それで記事は、ラーメンは簡単な料理のように見えるが、もはや日本人の誇りともいえる料理へと進化を遂げているとし、多くの日本人が好きになるのも理解できると結んだ。最近では中国でも、「日式ラーメン」として日本のラーメンが人気となっているが、なぜかとんこつラーメンばかりだ。醤油、味噌、塩など、日本にはほかにもおいしいラーメンあることを中国人にも知ってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×