経済力で米中に次ぐ日本は「超大国」になれるのか=中国

経済力で米中に次ぐ日本は「超大国」になれるのか=中国

中国は超大国を目指して米国を強く意識しているが、経済力で米中に次ぐ日本はどうなのだろうか。中国メディアは、「日本が超大国になることは永遠にない」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国は超大国を目指して米国を強く意識しているが、経済力で米中に次ぐ日本はどうなのだろうか。中国メディアの百家号は26日、「日本が超大国になることは永遠にない」と主張する記事を掲載した。

 日本が現時点で超大国ではないことは明らかだが、「永遠にあり得ない」と言い切れるのはなぜだろうか。記事は「経済力だけで超大国にはなれない」からだと主張している。超大国になるには、他国より「多角的」に突出していることが求められるそうだ。

 この点、日本が際立っているのは「経済力」だけで、得意の科学技術でも「少しすごい」くらいだと辛口に批評した。軍事面は米国に抑え込まれており、資源は乏しく、輸入頼みなのが現状だと指摘している。

 超大国になるためのはっきりとした条件はないが、記事は「人口と国土面積は絶対に必要だ」という専門家もいると伝えた。労働力があれば国が豊かになり、国土が広ければ資源と工業が発展するからだという。日本はこの2つの条件をいずれも満たしておらず、「永遠に超大国になることはない」と断言した。

 そもそも日本人のなかで、日本を超大国にしたいと考えている人はほとんどいないのではないだろうか。むしろ超大国になる野望を持っているのは中国の方と言えるが、中国からすれば日本は眼中にないというのが本音なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×