これが日本の「食品サンプル」か! 見てるだけで「ヨダレ出る」=中国

これが日本の「食品サンプル」か! 見てるだけで「ヨダレ出る」=中国

日本の料理は盛り付けが美しく、味はもちろん目でも楽しむものだが、飲食店には「食品サンプル」が並んでいる店が多く、入店前から期待が高まるものだ。中国メディアはこのほど、「日本の食品サンプルを見ていると注文したくなる」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の料理は盛り付けが美しく、味はもちろん目でも楽しむものだが、飲食店には「食品サンプル」が並んでいる店が多く、入店前から期待が高まるものだ。中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の食品サンプルを見ていると注文したくなる」と紹介する記事を掲載した。

 日本の食品サンプルは、日本人の食欲をそそるだけでなく、中国人にも評判が良いようだ。記事は飲食店に並ぶ食品サンプルについて、本物そっくりで完成度が高く「見ているだけでよだれが出てくるようで、注文したくなってしまう」と称賛している。やはり、細かな仕事が得意な日本人だからこそできる職人技と言えるだろう。

 これだけ完成度が高いのは「歴史が長い」ためでもある。記事は、日本初の食品サンプルは大正時代にまでさかのぼると紹介している。日本で最も早く百貨店に食堂を設けた白木屋で、食堂としては初めて「ろう」で作った食品サンプルを置くようになったようだ。初めて食品サンプルを見た人はきっと驚いたことだろう。

 記事は、日本の職人はより本物に近く、劣化しにくい材料を求めて試行錯誤してきたことを伝えている。昔は寒天を型取りして「ろう」を流し込んで作っていたが、後に合成樹脂を使うようになったことで、よりリアルに、いつまでも色落ちせずに「若さを保てる」ようになった、と職人の飽くなき向上心を称賛した。

 外国人にとって、日本の食品サンプルは美しくて興味をそそるのはもちろんだが、日本語ができなくても安心して注文できるメリットがある。食品サンプルを置いてから、外国人客が増えたという店もあるようだ。ぜひより多くの外国人に、日本の食品サンプルのすばらしさを知って欲しいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×