コロナのせいだ! 日本からの帰国で「費用がこんなにかかるとは」=中国

コロナのせいだ! 日本からの帰国で「費用がこんなにかかるとは」=中国

中国の動画サイトはこのほど、日本で長年働いていたものの中国に帰国することになった中国人による動画を配信し、「コロナ禍に中国に帰国するに当たって必要になる手続きと費用」について説明した。(イメージ写真提供:123RF)

 新型コロナウイルスはあらゆる人の生活に大きな影響を及ぼしているが、中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で長年働いていたものの中国に帰国することになった中国人による動画を配信し、「コロナ禍に中国に帰国するに当たって必要になる手続きと費用」について説明した。

 この中国人配信者によれば、日本から中国行きの飛行機に乗るすべての乗客は、搭乗日の3日以内に新型コロナウイルスの検査を在日中国大使館が指定した医療機関で受ける必要があるという。そして、飛行機に搭乗するためには新型コロナウイルスの陰性証明が必要になると紹介した。

 配信者は新型コロナウイルスの検査を受けるために「4万4000円」かかったと伝えているが、もちろんこの費用は自己負担だと説明している。また、新型コロナウイルスのパンデミックを受けてフライトの便数も大幅に減っていて、そのぶん航空券の料金が以前の約2倍に跳ね上がっていると伝えた。

 続いて、中国国内に到着した後もホテルで一定期間、隔離生活をする必要があるとし、この隔離期間中のホテル代と食事代も自己負担だと説明している。一方、隔離期間中にも何度か新型コロナウイルスの検査を受ける必要があるが、この検査費用は無料だそうだ。

 中国に帰国するために必要な費用をすべて合計すると、どれだけ安く見積もっても1万元(約17万円)はかかるとし、それゆえコロナ禍で日本から中国に帰国するのは「本当に大変だ」と自身の感想を伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×