日本の「海辺の生活」に憧憬の念を抱くのは、なぜだろうか=中国メディア

日本の「海辺の生活」に憧憬の念を抱くのは、なぜだろうか=中国メディア

中国のポータルサイトに「日本の海辺での生活に、どうして憧憬の念を抱くのだろうか」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に11日、「日本の海辺での生活に、どうして憧憬の念を抱くのだろうか」とする記事が掲載された。

 記事は、四方を海で囲まれた日本では海辺の小さな街が多く、そこで暮らす人びとは潮の満ち引きとともにゆったりとした時の流れの中で生活していると紹介。海辺の街の風景はまるで絵画のように美しく、静かであり穏やかであり、日本的な美学が表れていると伝えた。

 そして、海辺で生活することにより、海からやってくる独特の湿った、かすかに冷たい空気の心地よさを感じることができるほか、休日には海辺の道をゆっくりとドライブして、海の風を感じながら海岸線とその付近にある集落が織りなす美しい光景を楽しむことができるのだとしている。

 さらに、海辺の街では日本のアニメで見たような光景が眼前に広がると伝え、名作に登場する海辺のシーンが実際に日本の海辺での生活から切り取った「リアルなもの」であることが分かるのだと紹介した。

 記事は、日本の海辺での生活に多くの人が憧憬の念を抱くのは、その一瞬一瞬に「美しさ」を感じるからだろうと説明。空気の美しさ、環境の美しさは決して表面的なものではなく、日々の当たり前の営みによって実現されている、リアルな「美しさ」なのであると伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×