トイレですら「こんなにたくさんの配慮」、「母国では味わえない体験」が可能な日本

トイレですら「こんなにたくさんの配慮」、「母国では味わえない体験」が可能な日本

日本では「様々なシーンで母国ではできない体験ができる」と中国人の間ではもっぱらの評判だ。中国の動画サイトはこのほど、日本のショッピングモールのトイレについて紹介する動画を配信した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本では「様々なシーンで母国ではできない体験ができる」と中国人の間ではもっぱらの評判だ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本のショッピングモールのトイレについて紹介する動画を配信した。

 配信者は日本在住の中国人女性で、家族と一緒に訪れたショッピングモールのトイレを紹介している。小さな男の子を連れた配信者は、「女性用トイレ内に男の子用トイレがあるので助かる」と伝えている。小さな子どもが親と一緒にトイレに入れるのは、安全面からも望ましいことであり、使用者からすればありがたい配慮と言えるが、中国ではこのような配慮は見られないそうだ。

 またトイレのタイプは和式と洋式の両方あるが、和式は1つだけで他はすべて洋式だと紹介した。中国ではほとんどがしゃがみ式で洋式は非常に少ない。他人が座った便座に座るのを汚いと考える人が多いためで、特に公共のトイレではしゃがみ式を選ぶ人が多いようだ。

 ほかにも、個室には便座を消毒するための消毒液があることや、SOSボタンがあると伝えた。子どもを持つ母親としては、「チャイルドシート」が全個室に設置されていることや、「優先トイレ」、「おむつ交換室」があるのもポイントが高かったようだ。おむつ交換室が女性トイレと区別されているのは、赤ちゃん連れの父親もいるからで、中国にはない心遣いと言えそうだ。

 日本の公共の施設では、様々な利用者を想定し、それぞれのニーズに合ったサービスを提供していると言えるだろう。清潔さも含めて、日本のトイレから受ける啓発は多いようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×