こういう行動が「民度」というものか! 日本人の行動に「唖然」=中国

こういう行動が「民度」というものか! 日本人の行動に「唖然」=中国

日本民度"超一流"との声/中

こういう行動が「民度」というものか! 日本人の行動に「唖然」=中国

中国では「日本人は民度が高い」と評価されているが、民度というのは日常のいろいろなところに表れるので、「民度の高さ」を一言で言い表すのは難しい。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では「日本人民度が高い」と評価されているが、民度というのは日常のいろいろなところに表れるので、「民度の高さ」を一言で言い表すのは難しい。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本の何気ない日常から「日本人の民度の高さ」が分かると紹介する動画を配信した。

 この動画を配信しているのは、日本に住む中国人女性で、自分が普段見ている日常の風景から日本人の民度を紹介している。まず「駅」に来た配信者は、電車を待つ利用客が自然とソーシャルディスタンスを取りながら当たり前のように列を作っている様子を伝えている。電車が来ると、降りる人を優先させてから列の順に乗車しているのでスムーズだ。日本では何気ない行動だが、中国では「客が降りる前から車両に乗り込もうとする人」が多く、スムーズな乗降ができないケースは多い。

 別の駅で女性は、車いす利用者が駅員のサポートを受けながら乗車しているところを紹介した。乗降者の流れが落ち着いてから駅員がスロープ板を付け、車いすの乗客が慣れた様子で乗車しており、「素晴らしいサービスだ」と伝えている。体が不自由な人でも、1人で気兼ねなくどこにでも行けるというのが理想の社会ではないだろうか。

 ほかにも、混雑していてもエスカレーターの列がスムーズに流れていることや、「喫煙室の利用」にさえ列を作って静かに待っている人々など、中国ではあり得ない光景を伝えている。この動画に対して、ほとんどの視聴者は「日本人の民度は超一流」、「中国との差はかなりある」など、称賛するコメントを付けていた。「喫煙は決まった場所で」というルールを守り、そのルールを守るために列に並び、列に並ぶ際にも割り込みはしないという光景に「唖然としてしまった!ちょっと理解できないんだけど」と驚く中国人さえいた。

 とはいえ、少数ながら反論する人もいて、「中国でも列は作るし、喫煙所もある」という人もいたが、別の視聴者に「引きこもりで外を知らないのか、あるいは大都市に住んでいるのだろう」と一笑に付されていた。中国も広いので、マナーが向上してきた場所もあるとはいえ、全体として「民度向上」はまだかなり遅れているようだ。中国では「民度の向上」がしきりに叫ばれているが、具体的に何が民度か分からない人も多いはずだ。こうした動画は日本と中国との差を意識するだけでなく、民度と何かを理解するのにも役立ちそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×