部品から完成品まで全方向の努力・・・日系車の耐久性が高い理由

部品から完成品まで全方向の努力・・・日系車の耐久性が高い理由

近年、日系車が中国市場で人気となっているが、その理由には燃費の良さのほかに「高い耐久性」もあるだろう。実際、日系車に乗る中国人消費者の多くが故障の少なさを称賛しているが、なぜ日系車は品質が高くて耐久性も高いのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、日系車が中国市場で人気となっているが、その理由には燃費の良さのほかに「高い耐久性」もあるだろう。実際、日系車に乗る中国人消費者の多くが故障の少なさを称賛しているが、なぜ日系車は品質が高くて耐久性も高いのだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、日系車の品質が高い理由について考察する記事を掲載した。

 記事によると、日系車の品質が高い理由の1つは「部品」と関係しているという。自動車は非常に多くの部品からなる製品であり、「部品の品質が直接、完成品である自動車の品質につながる」と指摘した。

 質の高い部品はコストが高くなるという要素は自動車メーカーとしては頭の痛い問題だが、この点で日本メーカーは「系列の部品メーカーを持っている」ことが強みだと記事は説明した。これによりコストを抑えつつ、部品の品質を向上させることが可能になっていると強調した。

 日系車の故障が少ない別の理由は、「シンプルな設計」を採用していることだと分析した。最新の技術を積極的に使うよりも、すでに検証が終わっている信頼性の高い技術を使うなどして構造をシンプルなものにしていると指摘。その一例として、日系車は電動パーキングブレーキではなく昔ながらのサイドブレーキを採用する例が多く、これによって故障の確率が大幅に減少すると説明した。

 結論として記事は、日系車は品質を向上させるために研究開発から生産まで、また部品から完成車まで全方向にわたって努力をしているので、高品質になるのは必然のことなのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×