なんじゃこりゃ! 日本にある有料の「風水トイレ」=中国メディア

なんじゃこりゃ! 日本にある有料の「風水トイレ」=中国メディア

中国のポータルサイトに、日本に存在する有料の「風水トイレ」について紹介する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・新浪に15日、日本に存在する有料の「風水トイレ」について紹介する記事が掲載された。
 
 記事は、中国人が家具などの様々な物の配置について、運気を呼び込むという風水を信じていると紹介。日本にも風水を気にする人が少なからずおり、風水にこだわった有料トイレも存在するとした。
 
 その上で、横浜の中華街にある商業施設チャイナ・スクエアに存在する1回100円の有料「風水トイレ」を例として挙げた。この施設の1階にある「風水トイレ」にたどり着くまでの道には運気を呼び込みそうな風水の小物が並べられているとし、トイレの入口には料金を支払うためのカウンターがあると伝えた。

 そして、実際に男子トイレに入ってみると小便用の便器は至って普通のもので「いささかがっかりする」ものの、くるりと後ろを向いて見ると「活力の間」、「癒やしの間」と書かれた個室があるのに気づくとした。しかし、どれほど風水にこだわって作られているのだろうかと期待を込めながら個室のドアを開けてみると、それぞれピンク色、緑色の便器が存在するのみだと指摘した。
 
 記事は、この「風水トイレ」について色彩学を利用してポジティブなエネルギーを生み出す効果があるのかもしれないとする一方で「単に色付きの便器を設置するだけでは、風水トイレとしては物足りない。100円というこのトイレ、あなたは利用価値があると思うだろうか」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×