捕鯨に固執する日本人と違って、何でも食べる中国人が「クジラは食べない理由」=中国

捕鯨に固執する日本人と違って、何でも食べる中国人が「クジラは食べない理由」=中国

中国を代表する料理の1つである広東料理は「四つ足のものは机以外、空を飛ぶものは飛行機以外何でも食べる」と言われるほど、なんでも食材にしてしまうが、中国ではクジラを食べる文化はない。(イメージ写真提供:123RF)

 中国を代表する料理の1つである広東料理は、「四つ足のものは机以外、空を飛ぶものは飛行機以外何でも食べる」と言われるほど、なんでも食材にしてしまうが、中国ではクジラを食べる文化はない。一方、日本では昔からクジラ食文化がある。なぜこのような違いがあるのだろうか。

 中国メディアの網易はこのほど、日本人は世界から反対されても捕鯨をやめないというのに、「なんでも食べるはずの中国人がクジラを食べない理由」について紹介する記事を掲載した。3つの理由があるとしている。

 記事が挙げた1つ目の理由が「中国は長らく農業中心の国だった」ことだ。国土が大きく平原が主である中国は、古代から農業が中心であり、漁業はあまり発達しなかったという。一方、四方を海で囲まれた日本は、国土が小さく農業できる土地が少ないので漁業が中心となり、このためクジラも捕るようになったと主張した。

 2つ目の理由は「クジラ肉はおいしくないから」だという。中国人は「香りがよくて柔らかな肉質」を好むが、クジラ肉はぼそぼそしていて生臭く、とても中国人の口には合わないそうだ。しかし、日本は特に戦後食料が不足していたため、クジラ肉は重宝がられたと説明した。

 3つ目は「国際社会が捕鯨を禁止しているから」だという。中国も造船業と漁業が発展した今では捕鯨が可能だが、「大国としての風格を示し生物の多様性を提唱しているので、捕鯨には禁止」の立場だという。国際捕鯨委員会は捕鯨を禁止しており、中国は当然これを順守しクジラを食べることなどしないという。だが、日本には捕鯨従事者が少なくなく、政府もこれらの人の票を確保するため捕鯨を禁止しないのだろうと推測している。

 日本は捕鯨問題を巡って欧米などから非難されることが多いが、中国では犬食文化がやはり批判の対象となっている。食文化をめぐる問題は解決が難しいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×