中国人が日本製品を使って驚いた理由、「過去の偉人の言葉を思い出した」=中国

中国人が日本製品を使って驚いた理由、「過去の偉人の言葉を思い出した」=中国

中国語には「工欲善其事、必先利其器」という言葉がある。これは孔子による「論語」の一節で、良い仕事をするためには、まず道具を整えておくべきという意味だ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国語には「工欲善其事、必先利其器」という言葉がある。これは孔子による「論語」の一節で、良い仕事をするためには、まず道具を整えておくべきという意味だ。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本で売られている「のこぎり」を紹介し、「これほどの性能があれば良い仕事ができる」と紹介する動画を配信した。

 動画で紹介しているのは、高額なのこぎりではなく、1000円程度の比較的安価なのこぎりだ。換え刃式でコインがあれば簡単に刃だけを交換できるようになっていて、こうした便利な設計は中国の工具ではなかなか見られない。

 配信者は、新たな刃を購入して交換したようだが、古い刃は1年ほど使用してきたという。とても丈夫で「今でも見た目はピカピカ」であり、品質はとても良かったと述べている。また、柄の部分も「人間工学に基づき設計されているようだ」と紹介していて、持ちやすさをとても気に入っているそうだ。

 また、こののこぎりの最大の長所は「その使いやすさ」で、「初心者に優しい」と称賛した。女性でも簡単に扱えると説明している。さらに、商品の包装には用途や仕様、特徴などが明確に書かれていると伝えた。こうした親切な説明は、中国の工具ではあまり見られないと言えるだろう。

 中国でものこぎりなどの工具は普通に売っているが、日本のように安価の割に品質が良いということはまずなく、「安かろう悪かろう」が普通のことだ。道具の重要性は大昔に孔子がすでに諭していたことだが、中国ではそれが実践できていないのが現状のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×