中国人から見た日本人と韓国人、見分ける方法とは=中国メディア

中国人から見た日本人と韓国人、見分ける方法とは=中国メディア

西洋人は日本人、中国人、韓国人の区別はほとんどつかないと言われる。実際、ハリウッド映画では日本人役に中国人や韓国人が起用されることも少なくないが、中国メディアはこのほど、日本人、中国人、韓国人を見分ける方法について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 西洋人は日本人、中国人、韓国人の区別はほとんどつかないと言われる。実際、ハリウッド映画では日本人役に中国人や韓国人が起用されることも少なくないが、中国メディアの百家号はこのほど、日本人と韓国人を見分ける方法について考察する記事を掲載した。話し方や習慣の違いなどから見分けられるという。

 記事は、日本人と中国人、韓国人の話し方の違いについて3カ国とも「礼儀を重視する」としつつも、やはり違いがあると指摘している。話し方が最も「おしゃれ」なのが韓国人で、常に話の中心にいて誇張気味の表情で話し、語尾を強調する傾向が強いという。

 これに対して日本人は、静かでおとなしく声も小さいと分析した。注意深く真剣に相手の話を聞き、頻繁にうなずいて笑顔で返すので、日本人と話をすると「尊重されている」という感じを受けるそうだ。中国人については「反応が最も速くて臨機応変で変化が多い」としている。もう1つ付け加えるならば、中国人は声が大きいというのも特徴の1つだろう。

 また、習慣の違いに関して、韓国人は「体裁や見栄に最もこだわる」とした。日本人からすれば、中国人こそ見栄やメンツにこだわるように思えるが、中国人からすれば違うらしい。これに対して日本人は「何事も慎重で細かく真面目」だと分析した。細部まで考慮した上できちんとこなし、控えめで実直だとしている。中国人については「自分たちのやり方は中国人が一番よく知っている」として具体的には述べていない。

 最後に記事の中国人筆者は、これらの特徴はあくまでも理論上のことで、韓国人や日本人と接する機会が多ければ「感覚的に区別できる」と述べている。一見して分からなくても、少し交流すればすぐに見分けられると主張しているが、これは日中韓が同じアジアにあって、隣国同士でありながらも、それぞれに確かに違いが存在するからと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×