国の発展レベルはトイレで分かる、その極みこそが「日本のトイレ」=中国

国の発展レベルはトイレで分かる、その極みこそが「日本のトイレ」=中国

国の発展の度合いを測る尺度はいろいろあるが、中国メディアは、「国の民度と発展レベルは、公共のトイレを見ればわかる」と伝える記事を掲載した。この点で、発展の極みにあるのは「日本の病院のトイレ」だという。(イメージ写真提供:123RF)

 国の発展の度合いを測る尺度はいろいろあるが、中国メディアの網易は23日、「国の民度と発展レベルは、公共のトイレを見ればわかる」と伝える記事を掲載した。この点で、発展の極みにあるのは「日本の病院のトイレ」だという。

 記事は、誰でも自由に使える公共のトイレは、その地域や国の「縮図」だと指摘している。病院も同じで、トイレを見ればその病院のレベルが分かるそうだ。中国では、公衆トイレが無料で使えるようになったのも、ドアが付くようになったのも比較的最近のことだ。しかし、「トイレットペーパーがない」のは相変わらずで、一流と言われる病院にさえないことが、中国国内でも問題視され始めている。

 では、日本の公共のトイレはどうだろうか。記事は、日本の病院のトイレを知れば「公共のトイレもここまでできることが分かる」と紹介している。トイレットペーパーが常備されていることは言うまでもなく、注目すべきなのは「各科ごとにトイレが違う」ことだとした。日本の病院では、患者の需要に合わせてトイレの設計を変えている。

 例えば、小児科のトイレは子ども向けに明るい色調で統一し、子ども用のトイレを設置している。胃腸科にはオストメイト対応トイレがあり、神経外科や整形外科などでは、移動が困難な患者を想定して手すりの位置や向きを工夫するなど、利用者に合わせて設計していると伝えた。もちろん、非常ボタンや擬音装置は標準装備だと強調した。

 日本にある公共のトイレには、利用者に寄り添った究極のサービスの精神が見られると言えるだろう。中国のトイレは、一部に顔認識システムなど最先端の技術を導入して話題を呼んでいるが、必要なのは先端技術ではなく利用者に寄り添う精神ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×