【画像】新しい技術をどんどん開発して、食べ物の消費期限を延ばし続ける日本企業

新しい技術をどんどん開発して、食べ物の消費期限を延ばし続ける日本企業

中国のメディアは、日本の食品メーカーが「常温で1年間保存できるソーセージ」など長期保存が可能な食品を続々と開発していると報じた。(イメージ写真提供:123RF)

この写真の記事を読む

×