中国人が経験から語る「日本で物を失くして、手元に戻ってくる確率」

中国人が経験から語る「日本で物を失くして、手元に戻ってくる確率」

日本で生活している中国人は、時々母国ではあり得ないような体験をするようだ。中国の動画サイトはこのほど、「日本で物を失くしたらどうなるか」を紹介する動画を配信した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本で生活している中国人は、時々母国ではあり得ないような体験をするようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、「日本で物を失くしたらどうなるか」を紹介する動画を配信した。

 この動画を配信したのは、日本に留学中の若い中国人男性で「日本に来てから非常にたくさんの物を失くした」と紹介している。学校や店に貴重品を置き忘れることが多いそうだが、個人の感覚としては「90%以上は戻ってくる」そうだ。男性は「絶対ではないが、ほとんど戻ってくる」と伝えている。

 最近もコンビニのトイレにスマートフォンを置き忘れたまま、家まで帰ってしまうという失敗をしたそうだ。1時間ほど経ってから気が付き、コンビニまで取りに戻ったが、無事に見つかったと伝えている。コンビニで物を忘れる人は非常に多いそうで、以前この男性がコンビニで働いていた時も、「客が忘れ物を見つけることは良くあることで、見つけた人は90%以上が店員に届け出る」と伝えている。

 中国ではあり得ないこの体験に、「我々も学ばなければいけない」、「品格の高い社会は、品格の高い人を引き寄せる」といった称賛のコメントが多く寄せられた。日本旅行などで、同様の経験をしたというコメントも多く、感動を呼んでいた。

 しかし、日本でも戻ってこない場合があるのは確かだ。その理由を、「中国人が多くなっているから」と指摘する人や、「日本に何年も住んでいた友人が一度だけ騙されたが、騙した相手は中国人だった」という残念な話を披露している人もいた。いくら日本でも「100%ではない」以上、配信者には物を失くさないよう注意して欲しいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×