今後の10年、まだまだ日本経済に期待できる!=中国メディア

今後の10年、まだまだ日本経済に期待できる!=中国メディア

少子高齢化からくる労働者の減少など、日本を取り巻く経済状況は楽観視できない要素がある中、中国メディアが「日本は少なくとも今後10年は安泰」とする記事で、日本の経済への楽観的な見方を示した。(イメージ写真提供:123RF)

 少子高齢化からくる労働者の減少など、日本を取り巻く経済状況は楽観視できない要素がある中、中国メディアのテンセントが「日本は少なくとも今後10年は安泰」とする記事で、日本の経済への楽観的な見方を示した。

 記事はまず、「コンドラチェフ波動」という、 ロシアの経済学者コンドラチェフ氏が提唱した学説を紹介。これは景気循環(サイクル)に関する学説のひとつで、景気が約50年周期で循環するという考え方。

 記事はこの考え方に基づき、過去50年の日本の歴史をさかのぼって解説している。戦後の経済復興に沸く日本で、1964年に東京オリンピックが開催された。そして、57年後の2021年ふたたび東京でオリンピックが開催される。さらに、1970年には大阪万博が行われ、55年後の2025年には再び大阪で万博が開催される。記事は「このように半世紀を経て、ぴったりと歴史が繰り返されている」と述べている。

 さらには、2027年にはリニア中央新幹線が開業予定。また、2027年には「東京駅前常盤橋プロジェクト」という日本一の高層ビルが東京駅前に完成予定なのだ。2025年には、大阪で万博の跡地に統合型リゾートが開業する予定で、カジノが正式に開業することになる。この万博と統合型リゾートによる経済効果は2.6兆円とも言われ、その後毎年1.1兆円もの経済効果が大阪周辺地域にもたらされることになる。

 今後10年を見ても、日本の経済が上昇気流に乗っていくことは明白で、中国メディアも「これから10年の日本は決して過小評価できない。今後も着実な経済発展を遂げる」と予測している。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

×