中国の自動車修理工が「日系車の修理依頼」を喜ぶワケ=中国

中国の自動車修理工が「日系車の修理依頼」を喜ぶワケ=中国

中国の動画サイトはこのほど、自動車の修理工として豊富な経験を持つ中国人による動画を配信し、「なぜ日系車は修理しやすいのか」と問いかけ、様々なブランドの自動車の修理に携わる立場から、このテーマについて論じている。(イメージ写真提供:123RF)

 日系車を称賛する中国人ドライバーは多いが、自動車のプロとも言える「自動車修理工」も日系車を高く評価しているようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、自動車の修理工として豊富な経験を持つ中国人による動画を配信し、「なぜ日系車は修理しやすいのか」と問いかけ、様々なブランドの自動車の修理に携わる立場から、このテーマについて論じている。

 中国は世界最大の自動車市場だけあって、世界中のメーカーが数多く進出しているが、この中国人配信者は「日系車はドイツ車やフランス車、米国車、中国車など、ほかのどのメーカーの車よりも修理しやすい」と強調し、そのため自動車修理工は日系車の修理依頼が来ることを喜ぶと伝えている。修理工から見て日系車は「人に優しい設計」の点で圧倒的に優れているという。

 具体的な例を示すために、配信車は実際に日系車の各部を撮影しながら説明している。例えば、ヘッドライトの交換は日系車の場合ボンネットを開けるだけで内側から簡単に交換できるように設計されているため「1分で終わる」そうだ。しかし日系車以外のケースではヘッドライトのカバーを外す必要があったり、バンパーを外す必要があったりと、そう簡単ではないケースがあると説明した。

 またバッテリーの取り外しについて、日系車は非常に簡単で「わずか2分で取り外せる設計」だが、日系車以外のバッテリーは取り外しにくい場所に設置されているそうだ。さらに日系車のエアフィルターはドライバー類を使わずにワンタッチ方式で取り外せるが、他のメーカーの場合は多くのネジで固定されているうえにエンジンルームの「最奥」にあるため取り外しにとても時間がかかると指摘している。

 また日系車はエアバッグを取り外すときも周囲のパーツを取り外す必要がなく、ステアリング部の根本側面から工具をいれてネジ一本緩めれば良いと紹介。日系車のこうした修理のしやすさは修理時間の短縮に直接影響するため、修理費も安くなるそうだ。配信者は、これは日系車を称賛するための動画ではなく、「事実」を伝えているに過ぎないと語っている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×