秩序が失われず、マナーも徹底・・・中国人が感じる日中の地下鉄の違い

秩序が失われず、マナーも徹底・・・中国人が感じる日中の地下鉄の違い

日本には、列車の扉に挟まりかけた乗客や荷物を車内に押し込む「押し屋」と呼ばれる職業が存在することは中国でも広く知られているが、中国メディアはこのほど、日本の地下鉄は中国の地下鉄とずいぶん違っていることについて紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の地下鉄と聞いて最初に思い浮かべるのが「満員電車」という中国人は多いようだ。日本には、列車の扉に挟まりかけた乗客や荷物を車内に押し込む「押し屋」と呼ばれる職業が存在することは中国でも広く知られているが、中国メディアの網易はこのほど、日本の地下鉄は中国の地下鉄とずいぶん違っていることについて紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の地下鉄はラッシュ時に混雑するものの、「秩序が失われないのが特徴的」と紹介した。「降りる人が先」というマナーがきちんと守られていて、混雑していながらも乗客たちは降りる人と乗り込む人のために自主的に空間を開けると驚きを示した。また、複雑な路線でも駅が合理的に配置されていて時間に正確なので、ホームで長く待たされることはないと伝えている。

 また、日本の地下鉄では「高齢者に席を譲ることがあまりない」ことも中国との違いの1つと指摘した。中国では高齢者を見たら自主的に席を譲る若者が今でも多いが、日本で同じことをすると「年寄り扱いしたとして、かえって失礼な行為に当たる場合がある」と注意を促している。

 この理由として、日本では優先席の区画が明確に定められているので、座りたい高齢者は優先席へ行けば良いことや、日本の高齢者は70歳を超えても働き続ける人が少なくないほど元気で、席を譲ろうとしても高齢者の方が拒否することも多いと説明している。

 中国の地下鉄にも優先席はあるが、日本のように区画ではなく座席の一番端を優先席にしていることが多い。また、日本のように優先席付近では携帯電話の電源を切るという配慮はない。そのほか、中国の地下鉄は座席が樹脂製で硬く、長時間座っていると痛くなってしまう。同じ地下鉄でも日本と中国とではその細部で違いがあると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×