ああ、これが日本なんだ・・・公共バスに乗って「感動してしまう」理由=中国

ああ、これが日本なんだ・・・公共バスに乗って「感動してしまう」理由=中国

外国で公共交通機関を利用するのは、自国とは勝手が違うので難しい場合もあるが、中国人が日本のバスに乗って移動するのは、日本語ができなくても「ハードルが低い」のだという。(イメージ写真提供:123RF)

 外国で公共交通機関を利用するのは、自国とは勝手が違うので難しい場合もあるが、中国人が日本のバスに乗って移動するのは、日本語ができなくても「ハードルが低い」のだという。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、「中国人が日本のバスを利用するとどう感じるか」を紹介する動画を配信した。「サービスと親切な設計に感動してしまう」そうだ。

 動画を配信しているのは、大阪に住む中国人女性だ。この女性はバスで移動しながら、「日本のバスに乗って気が付いたこと」を紹介している。まずは、日本で使われる文字は「漢字が多いので8割から9割は読める」と伝えた。日本の地名はほとんどが漢字で、バスの中も外も漢字が多いので、日本語ができなくても簡単に目的地に行けるようだ。

 またバスの車内はきれいで静かで、タバコを吸う人も電話する人もいないと感心した。降りたいときには「降車ボタンを押せば済み、中国のように運転手に向かって叫ぶ必要がない」と快適さを強調している。利用者の乗降時には車体が傾く設計になっていて乗降しやすく、体の不自由な利用者がいれば運転手が乗降の手伝いをしてくれ、車いす利用者でも安心して利用できると伝えている。

 日本語ができなくても利用に不便はなく、きれいで快適な日本のバスは、中国人に好評のようだ。動画に対して、利用者のマナーを称賛して「日本人の民度は世界一だ」、「アジアの誇り」などのコメントが寄せられていた。

 また、親切な設計に「なぜ日本を見習わないのか」と不思議がる人もいたが、中国人には「できないのではなく思いつかないのだ」と違いを指摘されていた。「気持ちの問題」という意見もあったが、確かに中国のバスは利用者のことをあまり考えていないと感じることが多い。言葉の分からない中国人でさえ快適に楽々と利用できる日本のバスは、利用者に優しいと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×