【画像】優れているのは間違いない日本のスマホ、それでも中国で人気が出ないワケ

優れているのは間違いない日本のスマホ、それでも中国で人気が出ないワケ

調査会社IDCによると、2020年の中国のスマートフォン市場は、ファーウェイがシェア1位をキープした。2位以下はVIVO、OPPO、小米、アップルとなっており、上位4社が中国ブランドで、全体の約85%のシェアを占めた。日本ブランドは今やほとんど見かけない。(イメージ写真提供:123RF)

この写真の記事を読む

×