「民度」だけの話じゃない 日本で交通渋滞が起きにくい理由=中国

「民度」だけの話じゃない 日本で交通渋滞が起きにくい理由=中国

世界最大の自動車市場の中国では交通渋滞が深刻になっており、保有台数の増加に伴って、大都市だけでなく地方の中小都市でも渋滞が頻繁に発生するようになった。(イメージ写真提供:123RF)

 世界最大の自動車市場の中国では交通渋滞が深刻になっており、保有台数の増加に伴って、大都市だけでなく地方の中小都市でも渋滞が頻繁に発生するようになった。そんな中国からすると、中国より国土が小さく、中国より人口密度が高く、自動車保有率も高い日本で、深刻な渋滞があまり発生しないのが不思議のようだ。

 中国メディアの網易はこのほど、日本ではあまり渋滞が発生しない理由を分析する記事を掲載した。「民度」の高さも関係しているが、ほかにもっと重要な理由があるとしている。

 記事が指摘したのは「日本は公共交通機関が発達していること」だ。都市部には時間に正確な運行が可能なバスや地下鉄、電車など、複数の交通機関があるので、マイカー出勤する必要がないと説明している。

 中国にももちろん地下鉄やバスなどの公共交通機関は存在するが、バスは車内が非常に混雑しているうえに時刻表はあってないようなものなので、出勤や通学に利用すると遅刻してしまう恐れがある。また、中国は地下鉄こそ存在するが、日本のように近距離の移動に活躍する電車が整備されていない都市も多いため、マイカーで移動せざるを得ないという人は多いという。

 続けて記事は、日本は「駐車場が多い」ことも渋滞緩和に役立っていると指摘する一方、中国は特に都市部では駐車場不足が深刻となっている。空き地があったとしても、駐車場にするよりも不動産を建てた方が儲かるという背景もあるのだろう。駐車場がないため路上駐車が増え、それによって交通が妨げられて渋滞が発生しているようだ。

 激しい交通渋滞が日常的に発生する中国では、イライラからクラクションを頻繁に鳴らしたり、大声で叫んだり、お互いに譲らなかったりなどの現象が起きやすく、これがさらなる渋滞を招くという悪循環に陥っている。やはり、交通システムの改善だけでなく、運転手のマナー改善も必要なのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×