日系車のボディが「紙のよう」だと? 「耳で聞いたものは当てにならない」=中国

日系車のボディが「紙のよう」だと? 「耳で聞いたものは当てにならない」=中国

高品質と燃費の良さで中国でも高い人気を誇っている日系車だが、いまだに「日系車はボディが薄いので安全性に問題あり」と信じ込んでいる中国人は少なくない。しかし、中国メディアはこのほど、日系車の品質にまつわるデマを否定する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 高品質と燃費の良さで中国でも高い人気を誇っている日系車だが、いまだに「日系車はボディが薄いので安全性に問題あり」と信じ込んでいる中国人は少なくない。しかし、中国メディアの捜狐はこのほど、日系車の品質にまつわるデマを否定する記事を掲載した。

 記事によると、中国のネット上では、日系車のボディの鋼板は「紙のように薄い」と言われており、衝突に弱いと思っている中国人は多いそうだ。しかし、実際のところ日系車は頑丈だと指摘し、その一例として北米や中国で販売されている日系車を例を挙げた。

 記事が例に挙げたのは中国で人気が高い日系セダンだ。記事は、このセダンに関係した事故例を2つ紹介している。その1つは電動バイクに追突された事故で、バンパーがへこんだだけで、ボディは頑丈なことが証明されたと伝えた。

 また、比較的スピードの出ている状態で路肩の大きな段差に接触した事故では、タイヤが外れドライブシャフトなどが大きく損傷したが、車内は全く問題なく、怪我人もいなかったという。それで、実際の事故現場の写真を見て「耳で聞いたものは当てにならないが、目で見たものは真実だ」との声が中国のネット上で出ており、日系車は安全だと理解した人が多いようだ。

 記事のような事実が伝わるにつれて、日系車に対する偏見や誤った理解はどんどん正されていくことだろう。中国市場での日系車人気は今後もさらに上昇していくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×