車に詳しい中国人ほど日系車を選ぶワケとは=中国

 中国の自動車市場では近年、日系車の人気が高くなっており、日系車を高く評価する意見が増えている。しかし、いまだに「日系車はボディの鋼板が薄くて安全性で劣る」と思い込んでいる人も少なくない。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、この誤解を解くための動画を配信した。

 動画ではまず、安全性を測る「衝突試験」の結果について紹介した。中国でも「C−NCAP」という衝突試験が存在するが、日系車は「良い成績を収めている」と指摘している。また、米国のIIHSによる安全性評価試験でも、日系車が上位を占めていると伝えた。

 また、中国のネット上では日系車と電動バイクの衝突事故で、日系車のバンパーが大きく損傷しているのに電動バイクは無傷に近いという写真がよく出回っているが、動画では「ドイツ車だろうが米国車だろうが、結果は大差ない」と指摘している。これは、歩行者との衝突時にできるだけ歩行者を保護できるよう設計されているためだと説明している。

 動画で論理的に日系車の安全性を説明しているが、中国では今でも「日系車は安全ではない」との偏見は根強いようで、動画には「日系車は試験では負けたことがなくても、実際の事故では勝てたことがない」というコメントが寄せられていて、多くの中国人が賛同していた。

 しかしながら、中国の消費者の多くは理性的に日系車を評価しているようで、実際に日系車の販売台数は伸びている。日経車の安全性を論理的に説明する、こうした動画が日系車にまつわるデマの解消に一役買っているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)