日本に行って驚くのは、想像以上にリサイクルショップが多いこと=中国メディア

日本に行って驚くのは、想像以上にリサイクルショップが多いこと=中国メディア

中国のポータルサイトに、日本の街には至るところにリサイクルショップがあり、新品を愛する中国人に取っては不思議で仕方がないとする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・網易に18日、日本の街には至るところにリサイクルショップがあり、新品を愛する中国人に取っては不思議で仕方がないとする記事が掲載された。

 記事は、これまで日本を訪れたことのある中国人観光客の多くは、日本の街に中古品を扱うリサイクルショップがたくさん店を構えていることに気づいてきたと紹介。その多さは、初めて日本を訪れる人にとっては不思議で仕方ないほどだと伝えた。
 
 そして、日本では各都市の商業地域に必ずと言っていいほど「買取」、「中古」といった看板が掲げられたリサイクルショップが存在し、日本の一等地である東京・銀座でも多くのショップを見かけると説明するとともに、中国人にとっては新しいものこそ正義であり、他人が使った中古品は取るに足らないものであるのに対し、日本人は決してそのようには考えておらず、中古品を新品と同じように大切にし、価値を見出しているのだとした。

 また、日本のリサイクルショップ業界は非常に細分化されており、本や家具など特定のジャンルの商品のみを扱う店がある一方で、ありとあらゆる中古品を取り扱う店もあると紹介。世界的に有名な日本のアニメ産業も、実に大きな中古品市場を持っているのだと伝えた。

 記事はその上で、中国人からしてみれば他人が使っていた中古品は清潔でないという印象を抱きがちだとする一方で、日本のリサイクルショップではしっかりと消毒処理を施したあとで販売されているほか、新たにきれいに包装し直されることで、外観上は新品とほぼ同じなものも少なくないのだと紹介した。

 さらに、品質面でもショップが責任を持って買い取った商品を検査、修理してから販売しているため、「ガラクタ」を掴まされる可能性は低いと指摘。家電製品などについては、中古品であるにも関わらず一定期間の修理保証まで付いているケースが多いのだと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)