中国が日本と同じようにごみ処理をするには「処罰の制度が必要だ」=中国

中国が日本と同じようにごみ処理をするには「処罰の制度が必要だ」=中国

中国ではすでに「生活ごみ分別制度実施計画」に基づき、北京や上海など一部の都市でごみの分別を行っている。今のところ、リサイクル資源、有害ごみ、乾いたごみ、湿ったごみの4種類に分別となっているが、なかなか徹底できていないのが現状のようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国ではすでに「生活ごみ分別制度実施計画」に基づき、北京や上海など一部の都市でごみの分別を行っている。今のところ、リサイクル資源、有害ごみ、乾いたごみ、湿ったごみの4種類に分別となっているが、なかなか徹底できていないのが現状のようだ。

 中国メディアの新浪はこのほど、「なぜ中国はごみ処理という点で、日本と同じように徹底できないのか」と問いかけ、中国が徹底して行うためのポイントについて解説する動画を配信した。「先進的な技術などがポイントではない」と指摘している。

 動画ではまず、日本のごみリサイクル率は非常に高いと紹介し、ごみの分別を徹底的に実行していると紹介。そして、日本が徹底的にごみのリサイクルを実行できる理由について、「自然環境に対する畏敬の気持ちと高い自覚のおかげ」と分析した。
 
 この点で中国はまだまだ至らないようだ。動画では、「政府、企業、市民」の三者が共に努力する必要があると指摘し、政府の役割について「まず市民をしっかりと教育する必要がある」ことを強調した。

 そして、市民が分別のルールを守らない場合は「相応の処罰が必要」だと主張した。そうでないと、一部のルールを守らない人が全体に悪影響を与えるからだという。中国では、「あの人がやってないのだから、自分もやらなくていい」と考える傾向が強いので、処罰は必要ということのようだ。さらに、民間組織やボランティアなどが「ごみ分別に参加しやすい環境づくり」も必要だと主張している。

 市民を教育し、処罰をちらつかせて強制的に行わせるというのは、いかにも中国らしいやり方だと言えるだろう。日本のように一人一人が自覚できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)