ハイリスクな東京五輪、もし無事に終わったなら・・・=中国メディア

ハイリスクな東京五輪、もし無事に終わったなら・・・=中国メディア

中国のポータルサイトに、新型コロナの感染が収まらない中で開催される東京五輪・パラリンピックについて「リスクの裏には『逆襲』の大きなチャンスも隠れている」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・網易に15日、新型コロナの感染が収まらない中で開催される東京五輪・パラリンピックについて「リスクの裏には『逆襲』の大きなチャンスも隠れている」とする記事が掲載された。
 
 記事は、新型コロナにより1年延期された東京五輪・パラリンピックの開幕がいよいよ10日以内に迫る中で、開催地である東京では感染の再拡大が発生しており、大会期間中の安全確保が一層厳しい状況になっていることを紹介した。

 その上で「われわれは、日本政府がこの1年間で重大な判断ミス、対策ミスを犯して感染拡大を止められなかったことを批判することができる。また、中国人として日本政府が米国に追従して中国にちょっかいを出し、台湾問題や人権問題に口を挟んでいることを批判すべきである」とする一方で、「それでもわれわれは、日本が困難を克服して無事五輪を開催できることを大いに望み、願っているのである」とした。
 
 そして、日本政府に対する不満を持ちながらも東京五輪・パラリンピックが無事に実施されることを望む理由として、現在の中国が「人類運命共同体」づくりをモットーとしていること、そして「一人の公民として、新型コロナのために五輪という素晴らしい舞台が色あせてしまうことを望まないからだ」と伝えた。
 
 また、日本の政府や組織委員会が全力を尽くして大会を成功させ、期間中に感染の発生を含む突発的なアクシデントを発生させずに乗り切った場合には「予想できないほどのポジティブな反響を得られる可能性がある」と指摘。現状、人びとの大会に対する期待はすでに最低レベルにまで落ち込み、「問題が発生してもおかしくない」という認識が広がっている中で、少しでもポジティブな結果が残せれば「巨大なPR効果を生むことになるのだ」としている。
 
 記事は一方で、日本がこの「ハイリスクなチャンス」を見過ごすようなことがあれば、もはや日本には永遠に反転のチャンスは巡ってこないだろうとも予測。「反転を実現できるかどうかは、日本の政府や関係者の能力次第だ」と結んだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)