日本が紛れもなく先進国で、中国が先進国でない理由=中国メディア

日本が紛れもなく先進国で、中国が先進国でない理由=中国メディア

日本がいつから先進国の仲間入りをしたのかについては様々な議論があるが、現在の日本がアジアで最も発展した先進国であることを否定する人はいないだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 日本がいつから先進国の仲間入りをしたのかについては様々な議論があるが、現在の日本がアジアで最も発展した先進国であることを否定する人はいないだろう。中国メディアの新浪はこのほど、「日本はどうやってアジアで最も発展した先進国になったのか」と問いかけ、その理由について考察する記事を掲載した。同時に、中国が先進国でない理由についても言及している。
 
 記事は、日本が小さな島国に過ぎない敗戦国なのに、短期間で急速な発展を遂げてあっという間に先進国になったことを多くの中国人が不思議に感じていると指摘した。そのうえで、日本が先進国となれたのは「単に経済が発展したことだけが理由ではない」と論じている。

 記事によると、先進国の基準には高い経済効率だけでなく、経済発展レベルも高く、進んだ技術を持っており、生活レベルが高いことが含まれるという。この点で、工業化した日本は経済発展レベルがとても高く、国民の貧富の差が比較的小さく、社会保障がよく整備されていて欧州並みのレベルになっているので、先進国と見なされていると説明した。

 一方、中国の社会状況は「複雑」だという。経済は発展してきているものの、人口が多いので社会保障の面ではまだ改善が必要であり、経済発展にも不均衡が見られると分析した。沿岸部の発展が著しいのに対し、内陸部は遅れており、貧富の差も大きく、先進国となるためにはさらなる努力が求められるとしている。

 また、「国民の民度」も先進国になることを妨げる要因の1つだと分析した。日本は国民全体の民度が高いが、中国人全体の民度は向上が待たれるという。しかし、経済だけを見れば多くの国が中国はすでに先進国レベルに達していると見ており、民度などまだ改善の余地が多くあるとはいえ、将来的に中国の状況はますます良くなっていくだろうと、いつかは先進国の仲間入りをするとの楽観的な見方を示して記事を結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)