中国ネット民たちが日本に対して誤解していたこと=中国

中国ネット民たちが日本に対して誤解していたこと=中国

日本と中国は隣国同士ながら、相互理解という点ではまだまだ不足があると言えるだろう。中国でも日本人の生活や習慣について誤解している人は少なからず存在する。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国は隣国同士ながら、相互理解という点ではまだまだ不足があると言えるだろう。中国でも日本人の生活や習慣について誤解している人は少なからず存在する。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「これまで日本を誤解していたこと」について、中国人に意見を求めるスレッドが立てられた。

 スレ主は、日本人や日本の生活について、誤解していたことがあったら教えて欲しいと求めている。たとえば、「東京は人口密度が高いと思っていたのに、実際に行ってみると意外と人が少なかった」という類の話を聞きたいそうだ。

 質問の範囲が広いためか、スレ主の要望に対して様々な回答が寄せられた。ある人は愛煙家のようで、「日本の新幹線と中国の高速鉄道は同じだと思っていたが、新幹線には喫煙ルームがあって意外だった」と紹介した。日本人はルールを守るので喫煙ルームを作ることができるのだろうと推測しているが、「羨ましくて仕方がない」そうだ。

 他には、「日本人は日常的に着物を着ると思っていた」という中国人もいた。日本のアニメには着物を日常的に着ている登場人物が出てきたりするので、来日した時に「毎日着物を着るのは特殊な職業の人」だと知って意外だったと伝えている。同じように、アニメの影響で刺身に憧れていたが、日本で刺身を食べて「おいしいはずだと思っていたのに、生臭くて食べられなかった」という声も多かった。中国人は普段、ナマモノを食べないため、いきなり刺身は敷居が高かったのかもしれない。

 さらには、「日本人は畳で寝ると思っていた」、「日本女性は結婚するとみんな専業主婦になると思っていた」という人や、「日本の物価は意外と高くない」という感想もあった。日本は食べ物が高いという印象が高いようだが、牛乳や豚肉は中国と同じくらいで、高いと言われている野菜と果物も、安売りや旬のものを買えば決して高くはないと紹介していた。

 スレッドに寄せられたものはどれも中国人にありがちな思い込みで、やはり実際に自分の目で見ることの重要性を教えてくれていると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)