日中韓の文化や習慣、中国ネット民の目に映る「違い」とは

日中韓の文化や習慣、中国ネット民の目に映る「違い」とは

日中韓は同じ東アジアに属し、似ているところが多いが、違いも少なくない。中国のQ&Aサイトにこのほど、「日中韓の文化の違い」と題するスレッドが立てられ、意見を求めている。(イメージ写真提供:123RF)

 日中韓は同じ東アジアに属し、似ているところが多いが、違いも少なくない。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「日中韓の文化の違い」と題するスレッドが立てられ、意見を求めている。

 スレ主が求めたのは、「文化の違い」で幅広い内容だったが、スレッドに寄せられた回答はいずれもドラマや食文化など、生活に密着した内容だった。食べ物に関しては、「日本は生食、韓国はキムチ。中国には八大料理がある」と、中国の食の豊富さを主張するコメントや、「箸が食文化の違いを表している」との指摘もあった。先の細い日本の箸は魚を食べるのに向いていて、焼き肉とキムチが多い韓国の食生活には金属の箸が合っており、中国の箸が長いのは円卓に乗せた大皿から取るからだと説明していた。

 また、アイドルや女性から価値観の違いを分析した人もいた。日本のアイドルは一人ひとりの個性を強調し、韓国は揃っていることを求め、中国の場合はファンにまったく媚びないとの指摘があった。またドラマのヒロインにも違いがあり、日本のヒロインはけなげな頑張り屋さんで、韓国の女の子は美しくて男性にモテて、中国のヒロインは男性を変えるほど強いという意見もあった。これと同様の意見は多く、日韓が女性に男性の好みを押し付ける傾向があるのに対し、中国の女性は「女漢子(男らしい女性)になろうとしている」、「男性に媚びようとしない」との主張が目立った。

 国民性を比較する内容も多く、ある人は日中韓3カ国について、「島国・大陸・半島」という地理的要因が国民性を分けていると主張した。それによると、災害の多い島国の日本は周囲に合わせるのが得意で、大陸の中国には「生きていればいい」というおおらかさがあり、周囲に大国があった半島の韓国には神経質なところがあると分析していた。

 このように比較してみると、同じ東アジアの文化圏でも、それぞれに特徴があることが感じられる。また、アイドルや女性観では日韓が似ており、血縁関係を重視するところなどは中韓が似ているとの指摘もあり、分野によって2カ国が似ている部分もあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)