中国では精神病「ネット中毒」が新たに定義 スタンガンを使ったネット中毒治療も

記事まとめ

  • 中国では、最近新たな精神病「ネット中毒」が定義され、大きな社会問題となっている
  • 毎日6時間超ネットに没頭する人はネット中毒と診断、精神病患者の範疇に入ると定めた
  • スタンガンを使った中毒治療を行う施設が紹介され、残酷な療法を疑問視する声が多数

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております