「奇妙な音」広州の米政府職員に軽度の脳損傷=国務省

「奇妙な音」広州の米政府職員に軽度の脳損傷=国務省

北京にある在中国米国大使館、参考写真(Getty Images)

中国南部・広州に勤務していた米国政府職員が「奇妙な音」を受け体調不良を訴えていた件で、帰国後の精密検査の結果、軽度の脳損傷を負っていたことが分かった。米国務省が5月23日に発表した。事態を受けて、在中米国大使館は駐留する米国人に、奇妙な音に警戒するようメールを送信している。

米国務省ナウアート報道官によると、この職員は2017年12月から2018年4月にかけての在勤中に、聴覚や気圧感覚の変化など様々な異常を体験した。精密検査のため帰国し、病院で検査したところ、軽度外傷性脳損傷と診断された。一般的には脳震盪(しんとう)と呼ばれる。

この事件を受けて、在中国米国大使館は政府職員に23日、メールを送信している。「米国政府は深刻に受け止めており、中国にいる職員たちに通知する」と記されている。

ワシントンで外交委員会の会議に出席していたマイク・ポンペオ国務長官は、奇妙な音による被害について、2017年にも在キューバ米国公館職員にも起きていたと語った。

FOXニュースによると当時、その音を聞いたことのある20人以上の米国大使館職員と家族は、吐き気、めまい、聴覚障害などに苦しんだ。AP通信によると、現在も一部の人々は発語の困難など後遺症がみられる。体験者によると、その奇妙な音は「強烈な振動」「大きな音」「金属が粉砕した音」と例えられ、部屋のごく一部でしか聞き取れないものだという。

米国務省は当時「原因不明の病気から米市民を守ることは難しい」と判断し、同年10月までに非常勤職員と家族をキューバから出国させた。

米国専門調査員は今年2月、キューバでの事件について報告している。奇妙な音は、音波、電磁波、偵察機による攻撃などが可能性として挙がったが、明確には特定できておらず「非自然源による外的要因」とした。

米政府はキューバ政府に対して原因究明を求めているが、キューバ側は「2国間関係を陥れることを目的とした政治的操作、サイエンスフィクションだ」として関与を否定した。

ポンペオ長官は今回、広州に専用医療チームを派遣したという。「米国は引き続きハバナ、広州で起きたことを調査し、中国政府にも協力を求める」と述べた。23日に長官と共同記者会見を行った訪米中の王毅・中国国務委員兼外相は、中国当局も事件を調査していると述べた。

(編集・佐渡道世)

関連記事(外部サイト)