チベット人人権活動家ニマ・ラモ氏、テンジン・デレク師事件を語る

チベット人人権活動家ニマ・ラモ氏、テンジン・デレク師事件を語る

テンジン・デレク・リンポチェ氏の姪、ニマ・ラモ氏(スクリーンショット)

3年前の7月12日、四川省成都にある刑務所で一人のチベット人僧侶が獄中死した。

僧侶の名は「テンジン・デレク・リンポチェ」。チベットの文化と宗教を徹底的に破壊した文化大革命の余韻もまだ冷めやまぬ1980年代、リンポチェはチベットで破壊された仏教寺院の復興に努め、老人福祉施設、児童養護施設、学校を作るなど地域の教育と福祉に尽力し、チベットで絶大な人々の尊敬を集めた。

しかし2002年、四川省成都市で発生した爆発テロ事件に関与したとして当局から不当に連行され、13年間にわたり拘束され、終身刑で2015年獄中で亡くなった。

ダライ?ラマ法王への深い忠誠心を携え、チベット仏教とチベット文化の保存の象徴的存在だったリンポチェの獄中死はチベットの人々に深い悲しみと絶望を与えた。

テンジン・デレク・リンポチェの姪に当たるニマ・ラモ氏は母親と共に面会やテンジン・デレク師の仮釈放を訴え、死去してからは遺体の引き渡し、死に至るまでの状況説明を求める過程で、当局から身柄拘束、隔離監禁、脅迫、虐待など様々な圧力と暴力にさらされた。同氏は伯父の死について証言するため、2016年7月にインドに亡命し、チベット人人権活動家として各地で講演活動をしている。

先月、22日、ニマ・ラモ氏は、広島のアステールプラザに開催されたトークイベントにおいてテンジン・デレク師事件の全容を語った。

荒廃したチベット 復興への希望

チベット東部のカム地方リタンに生まれたテンジン・デレク・リンポチェは、7歳で出家。地域最大の寺院リタン寺院に学んだ。文化大革命(1966〜76)よりも前から宗教と文化の大量破壊が行われていたチベットでは仏教寺院の修行階梯は整っておらず、1982年、リンポチェは他の多くの僧と同様、南インドのデプン寺院で学んだ。83年にはダライ・ラマ法王から偉大な仏道修行者の化身「トゥルク」と認定された。

その当時、中国では胡耀邦、趙紫陽体制のもと民族融和政策への転換を図っていたが、1987年頃からラサでは民衆デモが頻繁に発生し、翌年3月に大規模なデモが発生した際、戒厳令が発令され、当局はチベットに対し、抑圧政策に転じた。

そんな中、チベットの人々から帰還を請われていたリンポチェはインドでの修行を終え、仏教の指導者としてチベットに帰還した。帰還後、自ら転生僧(リンポチェ)と認定されたオト寺を皮切りに、東チベットで九カ所のお寺を再建し、老人福祉施設、児童養護施設、学校のない遊牧民の住む地域にも学校を作るなど、地域の復興に努めていた。

ダライ・ラマ法王の教えを直に受け帰還したテンジン・デレク・リンポチェはチベット人から尊敬と手厚い歓迎を受けた。しかしその一方で、中国当局から「危険分子」として警戒され、監視対象とされることとなった。保育園でも学校でも師が何かを作ろうとすると地元の政府が妨害した。97年になると当局から追われるようになり、逃亡生活を強いられるようになった。

仕組まれた成都「爆弾テロ」事件

2002年7月8日、逃亡生活は思いもよらぬ形で突如、終わらされた。3日前に四川省成都氏で発生した爆弾テロ事件に関与したと見なされ、一切の証拠を示されることもなく、テンジン・デレク・リンポチェは弟子五人とともに拘束された。12月、非公開法廷で行われ、弁護士もつかない不当裁判によりリンポチェは執行猶予付き死刑、弟子の一人、ロサントンドゥプ氏は死刑を言い渡された。翌年、1月、ロサントンドゥプ氏は処刑された。

その暴挙に国連人権委員会の委員長書簡、米上院の非難決議、欧州各国の釈放要求が相次ぎ、日本も超党派国会議員でつくる「チベット問題を考える議員連盟」の緊急声明を発表した。国際的な非難が高まるのを受け、2005年、当局はリンポチェを終身刑に減刑した。

しかし当局はこの件に関して徹底的な封殺を行った。リンポチェへの終身刑に反対する者も捕まり、昔、リンポチェと一緒働いたという理由だけで逮捕された人もいた。

当時の国家主席、江沢民の体制下、チベットでは言論や通信の監視は厳しくなる一方だ。2001年、世界同時多発テロ「9・11」の発生を受け、中国共産党政権は「反テロ活動」を口実に、ウイグル、チベットの「分離主義者」、法輪功を名指しで「テロ組織」に分類、徹底した取締りを実施していた。

ヒューマン?ライツ?ウォッチ2004年の報告書によると、テンジン・デレク・リンポチェの拘束はダライ・ラマ14世の宗教的指導力を弱めるためであり、政治的な意図によるものと断じている。

繰りかえし浴びせられる侮蔑の言葉 殴る蹴るの暴行

拘束されてから獄中死に至るまで13年間、テンジン・デレク師が家族との面会が許されたのはわずか六回だけだった。

リンポチェと最後に会った妹のドルカルラモ氏(sgrol dkar lha moニマラモ氏の母)によると、リンポチェは当時、心身ともに極限に追い込まれ半死状態だった。ドルカルラモ氏に「刑務所内で『あなたは偉いお坊さんらしいから、空を飛べるんでしょう』などと侮蔑の言葉を浴び、殴る蹴るの暴行を受けている」と語った。

弟子たちや、家族は仮釈放を実現させようと北京やいろいろなところに請願に回った。しかし嘆願にまわった者も捕まって当局の思想教育を受けさせられた。

突然、言い渡された死

2015年7月2日、 当局からニマ・ラモ氏たちのもとに面会を許可するという通達がきた。刑務所に出向いたが10日経っても逢えないまま、10日後、12日に突然リンポチェが亡くなったと言い渡された。当局はリンポチェの死因は「心臓発作」と説明した。

13日には遺体の引き渡しを求める四川省の地元住民と当局との間で衝突が発生し、7人が負傷した。ニマ・ラモ氏たちは法に従って遺体の引き渡しを求めたが黙殺された。中国には獄死した人間の遺体を15日以内に遺族に戻す法律がある。家族に遺体を引き渡さないなら、テンジン・デレク師が殺されたと公表すると言い、ようやく遺体を見ることが許された。

遺体は唇も爪も真っ黒だった。頭部もへこんでいた。遺体を洗った弟子は「毒殺です」と言った。ニマ・ラモ氏はこの事実を伝えようと成都市の記者に電話をしようとしたが、携帯を没収されてしまった。

その後、16日、リンポチェの死体は、家族の許可を得ないまま、検死をされることもなく、火葬された。

禁止された葬儀

当局は、その後も遺族に対して、リンポチェの葬儀をすることを禁止した。テンジン・デレク・リンポチェのような高僧の死後には仏塔をつくる伝統があるが、それも禁止された。写真を仏壇に飾ることも許されなかった。刑務所内の私物は当局に焼却された。

ある日のこと、ニマ・ラモ氏たちのもとにリタンの副県知事がきて、ドルカルラモ氏に「リンポチェは法律に違反した」と言い、1. チベット国内ではリンポチェについて話さない。2. リンポチェが毒殺されたと文句を言わない。3. リンポチェの死について集まって話したりない。の3点について承諾する書類へのサインを求めた。

ドルカルラモ氏は、リンポチェは法律を破っていないとしてサインを拒否した。

その後、リンポチェについてテレビで「偽坊主、犯罪者、社会の脅威」とネガティブキャンペーンが始まり、リンポチェが亡くなってからもその存在を貶めた。

世界各国から声が上がる中国共産党のチベット人の弾圧は未だに止まる気配は無い。先月、30日にだされたヒューマン?ライツ?ウォッチ最新の報告書によると、現在、中国政府当局はマフィア一掃キャンペーンの名の下にチベット自治区の反体制派を弾圧している。

(大道 修)

関連記事(外部サイト)