苦労せず禁酒禁煙に成功 ある弁護士の物語

苦労せず禁酒禁煙に成功 ある弁護士の物語

煉功している韓国の李惇栄弁護士(大紀元)

名誉、金銭と幸せな家族は人生のすべてなのだろうか。このすべてを手に入れた韓国の李惇栄弁護士は、なぜか時々「空虚感にさいなまれる」と言う。一人になった時、「無限に広がる宇宙で微々たる私は、死後何も残らず全部消えたとしたら、どんな恐ろしいことか」とよく考えていた。

この空虚感を埋めるために、たくさんの本を手に取り、特に信仰に関する本を読み漁っていた。そのため、同僚は彼を「道士のような弁護士」と呼んでいた。しかし、心が満たされることはなかった。

2004年頃、李惇栄は大韓法律救助公團大田支部に転職した。そこでいくつかの「偶然」に遭遇した。ある日、友人が彼に「あなたが絶対興味を持ちそうなものを発見したよ」と言った。紹介されたのは「法輪功」という気功。同じ時期、彼は裁判所の近くで、気功をやっているグループを見た。聞いてみたらそれは「法輪功」だという。また別の日に、同僚から小冊子をもらったが、それも法輪功に関するものだった。次々と出会った偶然に、彼は必然を感じた。すぐに法輪功のホームページを開いた。

「法輪功の主な著書『轉法輪』を読み始めた瞬間から引き付けられた。本に穴が開くほど読んだ。睡眠の時間も無駄であると感じた。普段一生懸命に考えても解けなかった問題なのに、『轉法輪』を読んで目から鱗が落ちた。いつの間にか心がどんどん豊かになってきた」

修煉前には、ヘビースモーカーだった李惇栄は、一日一箱のタバコを吸っていた。タバコの根っこまで吸わないと気が済まない。身体中からタバコの臭いを放っていた。さらに、毎日飲むほどの「大酒飲み」でもあった。タバコとアルコールは彼の生活の一部になっていた。

しかし、李惇栄は修煉を始めた後、タバコとアルコールをやめるのにそれほど苦労しなかった。

「修煉して一カ月後に、友人にお酒を勧められたので、一口だけ飲んだが、その瞬間、頭が割れんばかりで痛かった。驚いた。それ以来、アルコールのにおいを不快に感じる。このように思いもかけず、お酒は辞めた」

また、彼は「アルコールに比べて、タバコへの執着が強かった。タバコの臭いは好きではなかったが、なかなかやめられなかった。しかし、ある日、少しタバコを吸うと、なぜか心の底から後悔していた。その日から、自然に喫煙しなくなった」と言った。

李惇栄は、タバコとアルコールをやめた後、記憶力が回復したと語った。「さらに、修煉後、忍耐強くなり、難しい案件に対処することに苦に感じなくなった。仕事量は同じだが、気分が違うため、精神的なストレスが軽減され、疲労感もなくなった」

「李さんは修煉してから、笑顔が増え、以前より穏やかになった」と同僚は言った。

子供はまた、「お父さんが親切になり、親しみやすくなった」と言った。

彼は「修煉後、人生の苦しみは消え、健康になり、日々の生活は満ち足りて楽しい。以前の空虚感が嘘のように消えた」と言う。

李惇栄さんにとって、法輪功は、暗闇に差し込む陽射しのようなもので、彼の人生を充実したものにした。この喜びを他人と分かち合うために、彼は毎週近くの山の麓に行って煉功している。小川の流れる音、心地よい煉功音楽、のびのびとした煉功の動作は、多くの登山客を魅了した。これを見て法輪功を始めた人も多くいるという。

また、彼のもとに法律相談のためやってくる人も多い。これをきっかけに、彼は自分の体験から、法輪功の素晴らしさを伝えている。

「修煉は私にとって生きがいになっている。しかし、14年間修煉しても、まだ多くの点においては不充分だ」と李惇栄は謙虚に話した。

「修煉者として、いつでもどこでもまず他人のために動き、自分のことを後に回すべきだ。しかし、私は他人を思う気持ちをまだ充分に持っていない。もっと精進しなければならない。だが、修煉のおかげで、私の心は自然と穏やかになり、人生の目標を見つけ、もう迷うことはない」

(翻訳編集・李青竹)

関連記事(外部サイト)